トップメッセージ

d3_1078x639

春節を迎えるにあたり、一言ご挨拶を申し上げます。

はじめに、昨年も大変多くのお客様に極楽湯グループの各店をご利用いただきましたことを心より御礼申し上げます。

1月末、中国吉林省の長春市に「極楽湯欧亜温泉館(直営)」をオープン致しました。
「中国500強企業(フォーチュン誌)」にも入る欧亜集団の協力の下、「京都の街」をテーマにした和風温浴施設を創り上げました。寒冷地である長春の皆様にゆっくりと「お風呂につかり、心も身体も温まる」文化を提供したいと思っております。

中国極楽湯は現在8店舗(直営4、FC4)を営業しており、今春に上海市宝山区(FC)にオープンする予定です。
今年は新しく創設した「極楽湯酒店(ホテル)」と、従来の「極楽湯」と両輪で中国事業を展開して参ります。

一方、日本極楽湯は、東京23区内に初出店となる「RAKU SPA 1010(銭湯) 神田」を3月にオープンする予定です。
都心のオアシスとして、また街の銭湯として公衆浴場価格460円で炭酸風呂を含めたお風呂を提供致します。 ランニングステーションの機能もあり、地域住民の皆様や近隣のビジネスパーソン、学生の方々が気楽に立ち寄れる「ホッとする銭湯」に育てていきたいと思っております。

極楽湯の存在意義はどこへ行っても変わりません。
“私たちのサービスは世界中の人々に笑顔とあたたかさをもたらします”
これからも私たちは、「ゆ」から始まる快適空間を新たに創り出し、日本にそして世界に提供して参ります。

グループ社員一同、心を合わせ努力を重ねて参りますので、より一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます。

皆さまにとりまして今年も素晴らしい一年となりますよう心よりお祈り申し上げます。


2019年2月4日
株式会社極楽湯ホールディングス
代表取締役社長 グループCEO 新川 隆丈