「次世代育成支援対策推進法」に基づく一般事業主行動計画

当社は「極楽湯ワーク&ライフエンジョイプロジェクト」を推進し、従業員一人ひとりが仕事と生活(プライベート)をより高い次元で充実させ、いずれにも責任を持ち活き活きとした毎日が過ごせるような職場づくりに取り組んでおります。同時にこの取り組みを通じて、お客様により一層質の高いサービス‐"心からのおもてなし"‐を提供することができる企業であるように努力して参ります。


1.計画期間
2017年4月1日 ~ 2019年3月31日までの2年間


2.内容

目標1

残業「ゼロ」を目指し、生産性の向上を図る

<対策>
「働き方改革」を推進し、スタッフへの的確な業務の委譲及び再構築を行うことで生産性を上げる。
  「残業申請」「休日出勤申請」を厳格に運用することにより、所定外労働の原因を分析し、人員配置や組織の見直しを含めた改善につなげる。
  「No残業Day」の完全実施に向けて、実施状況のチェックなどの取り組みを強化する。
  社員のワークライフバランスへの意識を高めるための情報提供をより一層強化する。

目標2

特に女性社員の結婚・妊娠・出産・復職・育児期における支援に取り組み、継続就業者が増えるよう環境を整備する

<対策>
年齢や地域・等級ごとに研修会やワークショップなどを開催し、情報共有や課題抽出を行うとともに、一層の環境整備を行う。
妊娠中や産休・育休中及び復帰後の女性社員のための相談窓口を設置する。
勤務地限定や時間限定の正社員制度の導入を検討する。

目標3

事業を通じ地域社会の「次世代育成」に貢献する

<対策>
「風呂育」活動を通じ、入浴の効用や公衆マナーなどを教え伝えることに加え、地域社会や家庭内におけるコミュニケーションの促進により次世代の健全育成に貢献する。
「乳児」が利用可能な施設であることについての周知強化による子育て世代の利用促進を図ることに加え、「授乳コーナー」設置など設備面での環境整備を進める。

 


「極楽湯ワーク&ライフエンジョイプロジェクト ロゴマーク」

worklife_309x276