「女性活躍推進法」に基づく一般事業主行動計画

お客様のニーズが多様化している状況や今後の労働力人口の減少を踏まえ、女性が参画する多様性に富んだ組織を構築するため、次のように行動計画を策定します。


1.基本方針
当社はこれまでワーク・ライフ・バランス推進の観点から育児休業制度や介護休業制度、短時間勤務等の整備を進めてまいりました。この結果、出産育児後も働き続ける女性社員が増えています。
今後は女性社員に対するキャリアアップ研修・階層別研修等を進め、女性社員の意識改革・スキル向上のサポートを行ってまいります。

2.計画期間
2016年4月1日 ~ 2020年3月31日


3.目標
(1) 女性社員の平均勤続年数を7年以上にする
(2) 女性管理職を6名以上にする
(3) 労働時間管理を徹底する(残業時間は月平均10 時間以内にする)


4.取組内容と実施時期

取組1:ライフイベント等にあわせた女性の多様な働き方をサポートする

■2016年 4月~ ライフイベントと仕事に関する意識調査の実施
女性による、女性のためのサポート体制の構築
■2016年 10月~ 各種研修の検討及び実施

取組2:入社から4年程度で管理職候補者への育成を目指す

■2016年 4月~ キャリアプランに関する意識調査の実施
■2016年 10月~ 各種研修の検討及び実施

取組3:労働生産性の向上(残業時間の削減)

■2016年 4月~ より一層の業務委譲の推進
■2017年 4月~ 労働生産性の向上(労働時間管理)が反映される人事評価制度の導入